引越し祝いのプレゼントでうれしかったもの&お返しは必要?

present

引越し祝いのプレゼントでもらったら嬉しいものは何でしょうか?

 

親しい友人や会社の上司、親戚の引越しに伴って、プレゼントをしようと考える時があると思いますが、一体どのような物を渡したら喜ばれるのでしょうか?

 

色々と調べた結果、引越し祝いでもらったらうれしいもの、逆に困ったものについて紹介します。

 

引越し祝いにもらったらうれしいもの

百貨店やAmazonで使える商品券やギフト券
現金(友人なら1万円、親族なら3万円程度が相場)
観葉植物
生活家電や調理器具
食器やグラス、タオル、キッチン用品などの生活用品
自分がもらったら嬉しいものという視点で考えましょう。無難なところでいえば、現金や商品券をプレゼントすることが良いですね。

 

電子レンジや冷蔵庫などの生活家電の場合、親族ならまだしも、友人や会社の同僚へ渡すときは注意が必要です。大きなものは幅をとってしまうし、センスが合う合わないがあるので要注意です!

 

引越し祝いにもらって困ったもの

置物(特に大きいもの)
絵画
家具やインテリア
変な趣味の置物(トラや像)をもらったら1番困りますよね。せっかくもらったプレゼントなので、なかなか捨てることもできず、だからといって玄関に飾ることも避けたい。物置に入れてしまっておいても場所をとってしまうので、正直置物はやめましょう!

 

また絵画や家具、インテリアのように趣味やセンスに合わない可能性があるプレゼントも避けましょう!センスの違いは必ずでてくるので、自分の好みを相手に押し付けることになるかもしれません。

 

引越し直後だから必要なものは何か?と考えること

引越しはどうしてもお金がかかります。引越し費用だけでなく、クリーニングや家具の準備、粗大ごみの処理など、お金がいくらあっても足りません。引越し直後は特に金欠の可能性があるため、現金や商品券をもらったら嬉しいですよね?

 

自分がもらってうれしいものを相手にプレゼントするという、当たり前のことを考えると、引越し祝いのプレゼントがイメージつきやすいかもしれません。

 

引越し祝いのお返しは必要?

引越し祝いでプレゼントをもらった場合は、できればお返しをしたほうが良いです。ただし、プレゼントをしてくれた相手によって、お返しする内容が変わってきます。もし、親しい間柄であれば、石鹸や洗剤、菓子折りなどをお返しのプレゼントとしたら、喜ばれるかもしれません。

 

会社の上司や取引先へのお返しの場合は、例えばお礼状を送ったり、地方への転勤の場合は地方の特産物を添えて送ってあげると大変喜ばれます。

 

新築祝いと引越し祝い、餞別(せんべつ)は違う?

新築祝いと引越し祝いは違いますので、しっかりと理解しておくことが大事です。

 

新築祝い

名前の通り、新築マンションや新築の一戸建てへ引越しをした場合の祝いのことです。この場合は、先ほども挙げたように「祝い金」を送ることがベストです。

 

引越し祝い

中古物件を購入しての引越しを指します。また転勤による引越しの場合は、栄転や昇進祝いとなります。こちらも同様に「祝い金」を送ればよいでしょう。

 

餞別(せんべつ)

賃貸物件から賃貸別件への借り換えの祝いをすることを餞別(せんべつ)といいます。こちらは生活用品を送ればよいでしょう。

 

引越し祝いでプレゼントNGなものは、ライターやストーブ、キャンドルなどの赤いものです。赤は家事を連想させるもので、縁起が悪いとされています。しっかりと配慮して、引越し祝いをプレゼントすることが大事ですね。