新築マンションへの引越しは提携中の幹事会社を使う必要がある?

新築マンションを購入して、「さあ、引越しをするぞ!」と思っていたところ、マンションの管理人から

 

「マンションへの引越しは○○引越しセンターとなりますので、こちらの業者で引越しをお願いします。」

 

と言われることがあります。

 

新築マンションへ引越しをする時に、マンションと提携している引越し業者(幹事会社)を紹介されることが多いです。マンションへ一斉入居する方は同じ引越し会社を使うように指示されます。

 

もちろん引越し会社はマンションと提携しているので、トラックの駐車スペースや荷物の搬送で使うエレベーターが優先的に使われます。なので、提携中の幹事会社を使わないといけないのでは?と考えてしまいがちです。

 

しかし、新築マンションへの一斉入居ということで、割と高い値段で見積もりを出されるケースがあります。

 

「ご家族での入居ですね。ざっと見積もって20万円となります。」

 

「えっ、ちょっと高くない・・・??」

 

こんな場面が多くあります。

 

「3人家族で現住所から新築マンションへの距離も遠くないし、荷物の量も少ないのに、なんでこんなに引越費用が高いんだろう?」

 

と疑問に感じることがあるかもしれません。

 

マンションと提携している引越し業者は、幹事会社ではありますが、強制するものではありません!幹事会社の引越し業者の見積もり金額に納得がいかない場合は、別の引越し業者を探す方法も有りです。

 

提携している引越し業者は、マンションへの一斉入居者全員と契約をしようとしますし、提携しているというアドバンテージを使って、相場よりも高い金額で提示される可能性があります。

 

オススメの対応方法

 

幹事会社から高い金額を見積もりされた時のオススメの対応は、他の引越し業者の見積もり金額と比較することです。幹事会社の見積もり金額が妥当なのか?割高なのか?は他社の引越し業者と比較して初めてわかります。

 

相場をしっかりと押さえておけば、値下げの交渉もしやすくなりますので、交渉材料を用意しておくということで事前に相場を把握しておきましょう。幹事会社が値下げ交渉にどうしても応じてくれない場合は、他の業者に頼むことも視野に入れましょう。

 

以下のサイトを使って、幹事会社以外に5社〜10社程度の引越し業者へ見積もり費用を算出してもらい、幹事会社の見積もり費用と比較してみてもよいかもしれません。もしかしたら、20万円の引越し費用が10万円前後になるかもしれませんね。

 

引越し業者

 

⇒【無料】引越し業者へ一括見積もりはコチラ