引越し業者の見積もり訪問で注意すべきことは?

引越し業者の営業マンが引越し費用を算出するために、自宅訪問をする場合があります。自宅に来てもらったほうが正確な金額がわかるし、引越しの荷造りや段ボール箱の無料プレゼント、引越し手続きなどのアドバイスをしてくれて便利です。しかし、デメリットももちろんあります。

 

引越し訪問見積もりのデメリット

引越し業者の営業マンは、契約を取ることで必死になりますので、粘り強く交渉してきます。自宅の家財を30分程度で一通りチェックした後に、最初は高い金額で提案をしてきます。また、「即決してくれたら5000円値引きしますよ!」というような誘い文句で、その場で契約をさせようとします。

 

最悪の場合、契約するまで帰ろうとしません。他社の引越し業者の悪口を言ったりして、なんとか契約をしてもらおうと必死になります。その時に心が折れてしまい、お願いすると、結局相場よりも高い金額で引越しをすることになってしまい、後々に後悔することになります。

 

たとえ引越し業者のクチコミ情報やランキングサイトなどを参考にして、引越業者を選んだとしてもハズレくじを引いてしまう可能性があります。テレビCMをしている大手引越業者だから安心して任せられる!という訳でもなく、無闇やたらに情報を鵜のみにしてしまうのは良くありません。

 

訪問見積もりの前に引越し費用の相場を把握しよう!

訪問見積もりをしてくれた業者が提示した引越し費用が、相場と比べて割高なのか?妥当なのか?お得なのか?正直その場ではわからないです。なので、事前にざっくりとで構わないので、引越し費用の相場を把握する必要があります。

 

訪問見積もりの前に、まずはネットで複数の業者に引越し費用の見積もりをして算出してもらうことがベターです!引越し費用の相場を把握しておけば、訪問見積もりにきた引越会社の営業マンと交渉する材料が手に入ります。

 

相場と比べて安ければその場で即決して引越しを行えばよいですし、相場よりも高値の場合は、キッパリと断りましょう。お金を払う立場の方が偉いというと語弊がありますが、消費者として選択するかしないかは自由に決定ができるので、お願いしたくないと思ったときは拒否するか、納得ができる金額まで下げてもらうことが大事です。

 

どの引越し業者に訪問の見積もりをしてもらおうか悩んでいる方や、これから引越し業者の営業マンが来る場合は、こちらの失敗しない引越し業者の選び方で書いてある方法を試してみてください。