引越し用の段ボールはだれが用意するか?

引越しをする時に使う段ボールは、だれが用意するのでしょうか?自分で調達する場合と引越し業者に用意してもらう場合の2種類あります。

 

自分で引越し用の段ボールを調達するパターン

 

スーパーマーケットやホームセンター、コンビニで無料で調達する

家の近くにある東急ストアやマルエツなどのスーパーや、コーナンや東急ハンズなどのホームセンターやコンビニに行けば、無料で段ボールを入手することができます。

 

ドラッグストアにも段ボールが大量に置いてあることがあるので、スーパーやホームセンターで見つからない場合は、マツモトキヨシやセイジョーに行ってもよいでしょう。

 

基本的にお店側は、段ボールをお金を払って処分しているので、無料で渡すことに躊躇はしない場合がほとんどです。事前に店員さんに段ボールが欲しいと伝えると、丁寧に保管場所を教えてくれます。

 

ただし、段ボールのサイズがバラバラであったり、湿っていたり、汚れていることもあるので、当たりはずれが大きいかもしれません。段ボールの大きさがバラバラだと、搬送やトラックに積むときに不便なので、できるだけ同じサイズで統一したいものです。

 

ホームセンターで有料で段ボールを購入する

 

引越し用の段ボールをホームセンターで購入するという方法もあります。金額の目安は1枚100円から200円程度となっています。荷物量にもよりますが、最低でも10枚以上の段ボールを用意して置いた方がオススメです。

 

つまり1000円から2000円程度が段ボールの費用になってしまいます。正直、段ボールにお金を使うのはもったいない気がしますね。

 

引越し業者に段ボールを用意してもらうパターン

 

引越し業者に引越しをお願いするときに、基本料金に段ボールの費用も含まれていることが多く、段ボールを業者側で用意してくれます。引越し前に段ボールをもらえるので、自分で探す手間もかからないのでオススメです。

 

引越し業者に段ボールは自前で用意すると伝えると、引越し費用が安くなるケースがありますが、ホームセンターで段ボールを購入するのであれば、業者を使って段ボールを用意してもらう方が最終的にはお得な気がします。

 

もし、段ボールが自宅の近くで探しても見つからない時は、引越し業者にお願いする方法が1番近道かもしれませんね。

 

【マル秘】引っ越し裏ワザ10選では、引越し代を大幅に節約するためのテクニックを紹介していますので、参考にしてみてください。